Online Shopping

建設キャリアアップシステムの目指すもの

1)建設技能者は次々に異なった企業の異なった現場で経験を積んでいくため、スキルアップしても正当に賃金が上がりにくいと言われます。そこで、経験を業界統一で評価することで、スキルアップが賃金アップに繋がりやすい形に是正したいという目的があります。
2)若手が建設業を辞めた理由を聞くアンケートで、「将来のキャリアアップの道筋が描けない」という声が多く聞かれました(※)。そこで、スキルアップすればICカードの色がステップアップしていくシステムを構築し、キャリアステップを思い描きやすい業界に変えるという目的もあります。

建設現場

建設キャリアアップシステム(CCUS)について

建設業が将来にわたって、その重要な役割を果たしていくためには、現場を担う技能労働者(技能者)の高齢化や若者の減少といった構造的な課題への対応を一層推進し、建設業を支える優秀な担い手を確保・育成していく必要があります。 のためには、個々の技能者が、その有する技能と経験に応じた適正な評価や処遇を受けられる環境を整備することが不可欠です。  建設業に従事する技能者は、他の産業従事者と異なり、様々な事業者の現場で経験を積んでいくため、個々の技能者の能力が統一的に評価されにくく、現場管理や後進の指導など、一定の経験を積んだ技能者が果たしている役割や能力が処遇に反映されにくい環境にあります。 こうしたことから、技能者の現場における就業履歴や保有資格などを、技能者に配布するICカードを通じ、業界統一のルールでシステムに蓄積することにより、技能者の処遇の改善や技能の研鑽を図ることを目指す「建設キャリアアップシステム」の構築に向け、官民一体で取り組んでいるところです。

建設作業員

​◇

建設業許可申請代行業を、神奈川を拠点に提供することで、供給不足気味な建築業界を関東圏から盛り上げていけるようにと考えています。この許可申請を行うことで1,500万円以上等の案件を法人様や個人事業主様が受注できるようになり、少しずつ建設業の需要に供給が追いついてきてくだされば嬉しい限りです。需要があるため許可申請を積極的に代行することで供給量を増やせば、自然と経済も活性化し、日本のGDPへも好影響を与えることに繋がります。僭越ながら、神奈川県にて建設業許可申請を代行することで、こうした地域ないし日本経済の活性化の一助となっていけますよう、尽力を重ねてまいりました。水道管や橋、高速道路等といった公共インフラの寿命も迫ってきているため、行政からの建設業への依頼へ入札できる資格を得る、経営事項審査の代行も行うことで、同時並行で建設業を盛り上げていければと考えています。