ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 【建設業】許可を受けた建設業以外の建設工事~附帯工事~【建設業法第4条】

【建設業】許可を受けた建設業以外の建設工事~附帯工事~【建設業法第4条】

建設業法第四条(附帯工事) 建設業者は、許可を受けた建設業に係る建設工事を請け負う場合においては、当該建設工事に附帯する他の建設業に係る建設工事を請け負うことができる。 参照元:e-gov建設業法

許可が無くても請負うことができる工事とは

建設業法上、許可が無くても請け負うことができる工事が2種類あります。
それが次の2種類の工事です。

  1. 軽微な建設工事   
  2. 附帯工事

2の附帯工事に関しては注意が必要で、「許可を受けた建設業に係る建設工事に附帯」する工事でなければなりません。

附帯工事とは

附帯工事とは、次のいずれかに該当する工事であって、それ自体が独立の使用目的に供されるものではないものをいいます。

  1.  主たる建設工事の施工をするために必要を生じた他の従たる建設工事
  2.  主たる建設工事の施工により必要を生じた他の従たる建設工事であり、それ自体が独立の使用目的に供されるものではない建設工事

附帯工事の判断基準

附帯工事であるかは、建設工事の注文者の利便、建設工事の請負契約の慣行等を基準として、その建設工事の準備、実施、仕上げ等にあたり、一連の工事または一体の工事として施工することが必要であるか、あるいは相当であるかと認められるかどうかを総合的に検討されます。

附帯工事の例

  1. 管工事として水蒸気などを送配するための設備を設置する工事にともなって熱絶縁工事を請け負う場合
  2. 屋根工事業者が屋根の補修工事の一部に塗装する必要がある場合に屋根補修工事と一体として塗装工事を請け負う場合
  3. 電気工事として構内の電気設備などを設置する工事にともなって、必要が生じた天井仕上工事や壁張り工事などの内装工事を請け負う場合

なお、土木一式工事や建築一式工事などの一式工事は、各種の専門工事を組み合わせて行う総合的な工事ですので、一式工事が他の建設工事の附帯工事にはなることはありません。

附帯工事は建設業許可が不要だからといって、何でもかんでも附帯工事として捉えて、複数の業種に該当する建設工事をまとめて受注してしまうことは建設業法違反となる可能性もあるためご注意ください。

行政書士菅事務所について

神奈川 県鎌倉市に事務所を構える行政書士菅事務所は、建設業 許可 手続きだけでなく、会社設立、スポットでの相談対応、建設業 法令研修、コンプライアンス体制構築コンサルティング、IT導入による業務改善、補助金 申請、事業計画書 作成などの経営コンサルティングまで対応しております。横浜、神奈川 周辺などに限らず、各種のWEB面談で遠方との対応も可能です。お気軽にご相談ください。

行政書士-菅事務所スマホ用トップ画像

    このお問い合わせ​フォームに記載されたお客様の個人情報は、お客様への連絡及び、今後の弊法人が提供する商品やサービスの提供、ご案内の送付についてのみ使用し、他の目的には一切使いません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    関連記事