ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 【建設業】元請負人の下請工事の完成後の検査及び工事目的物の受領義務【業法第24条の4解説】
行政書士 菅

【建設業】元請負人の下請工事の完成後の検査及び工事目的物の受領義務【業法第24条の4解説】

建設業法第二十四条の四(検査及び引渡し)

 元請負人は、下請負人からその請け負つた建設工事が完成した旨の通知を受けたときは、当該通知を受けた日から二十日以内で、かつ、できる限り短い期間内に、その完成を確認するための検査を完了しなければならない。

 元請負人は、前項の検査によつて建設工事の完成を確認した後、下請負人が申し出たときは、直ちに、当該建設工事の目的物の引渡しを受けなければならない。ただし、下請契約において定められた工事完成の時期から二十日を経過した日以前の一定の日に引渡しを受ける旨の特約がされている場合には、この限りでない。

参照元:e-gov建設業法

この規定は、元請負人の建設工事の完成の検査と工事目的物の引渡しの受領について定められた規定です。工事完成後、元請負人が工事の検査を遅らせることは、下請負人に必要以上の管理責任を負わせることになります。また下請代金の支払遅延の原因ともなります。このため、本条によって、一定期間内に、元請負人に対して、竣工検査の実施と、工作目的物の受領を義務付けています。

通知について

下請負人から元請負人に対する建設工事が完成した旨の通知は書面である必要はありません。口頭でも認められますが、後日の紛争を避けるために書面による通知が望ましいとされています。

検査の時期

元請負人は、下請負人から建設工事が完成した旨の通知を受けた日から、20日以内でできる限り短い期間内に工事完成検査を完了しなければなりません。

申し出について

下請負人からの引渡しの申し出についても書面である必要はなく、口頭による申し出でも認められます。

<元請負人の検査・引渡し・支払いフロー>

引用元:国土交通省 中部地方整備局「建設業法に基づく適正な施工の確保に向けて」

※特定建設業者の場合、元請としての義務に加えて、特定建設業者としての義務を負うので、出来形払いや完成払いを受けた日から一か月以内か、引渡しの申出から50日以内の支払期日(支払期日の定めがなけらば引渡し申出日)のいずれかの早い方で支払わなければなりません。

引渡時期の特約をしている場合

下請契約において引渡しを受ける期日が特約されているときには、その特約は有効です。しかし、その期日は約定による工事完成期日から20日以内に定められていなければなりませんから、20日を超えるときは20日に短縮されます。

行政書士菅事務所について

神奈川 県鎌倉市に事務所を構える行政書士菅事務所は、建設 業 の 許可 手続きだけでなく、会社設立、スポットでの相談対応、建設業 法令研修、建設 業 許可 票 作成、コンプライアンス体制構築コンサルティング、IT導入による業務改善、補助金 申請、事業計画書 作成などの経営コンサルティングまで対応しております。横浜、川崎、湘南、相模原、県央 など神奈川県 周辺に限らず、各種のWEB面談で遠方との対応も可能です。お気軽にご相談ください。

行政書士-菅事務所スマホ用トップ画像

    このお問い合わせ​フォームに記載されたお客様の個人情報は、お客様への連絡及び、今後の弊法人が提供する商品やサービスの提供、ご案内の送付についてのみ使用し、他の目的には一切使いません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    関連記事