ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 「建設工事の請負契約の内容」の変更について【建設業】法第19条第2項解説
コンサルタントチーム

「建設工事の請負契約の内容」の変更について【建設業】法第19条第2項解説

(建設工事の請負契約の内容)第十九条 

建設工事の請負契約の当事者は、前条の趣旨に従つて、契約の締結に際して次に掲げる事項を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない。

 工事内容

(以下略)

 請負契約の当事者は、請負契約の内容で前項に掲げる事項に該当するものを変更するときは、その変更の内容を書面に記載し、署名又は記名押印をして相互に交付しなければならない。

参照元:e-gov建設業法

契約内容を変更する場合には

建設工事の請負契約締結後に契約内容を変更した場合の方法が第2項に規定されています。
後日紛争の原因とならないようにするため、変更契約においても通常の契約締結と同じように、書面によって行うことを明記しています。またその書面にも、署名又は記名押印をして相互に交付すべきこととしています。

着工前の時点で不明確な追加工事が必要になった場合には

変更契約においても、契約締結は着工前に行うこととされています。
しかし、数量的な追加工事の場合には、変更契約を着工前に締結することが難しくなります。(数量を伴う場合、工事の状況に応じて増減する場合があるため。)着工前の契約締結を遵守することが「不合理」となる場合があります。そのような場合には、変更契約締結を後回しにし、以下の事項を明記した書面を請負人と着工前に取り交わします。

  1. 工事の具体的な作業内容
  2. 当該追加工事などが契約変更の対象となること及び契約変更を行う時期
  3. 追加工事などに係る契約単価の額

追加工事が着工し数量等が確定した後には、遅滞なく変更契約を締結します。

追加工事などが発生しているにもかかわらず、たとえば、元請負人が発注者との間で追加・変更契約を締結していないことを理由として下請負人からの契約変更の申出に応じない場合の様に、元請負人が合理的理由もなく一方的に変更契約を行わない場合には、本条に違反することになります。

建設工事請負契約書の作成・チェックでお困りの方は、行政書士菅事務所までお気軽にご連絡ください。

行政書士菅事務所について

行政書士菅事務所は、建設業の許可手続き代理だけではなく、監督官庁による調査に関するご相談や、立入検査等の対応についてのご相談、会社の設立、スポットでの相談対応、建設業法令研修、建設業に関する書類や契約書の作成や相談、コンプライアンス体制構築コンサルティング、IT導入による業務改善、補助金申請、事業計画書作成などの金融・経営コンサルティングまで対応しております。各種のWEBを活用したオンライン面談で遠方との対応も可能です。建設業法関連で気になることがございましたら、下記事務所公式LINEやコンタクトフォームからお気軽にご相談ください。

友だち追加

    このお問い合わせ​フォームに記載されたお客様の個人情報は、お客様への連絡及び、今後の弊法人が提供する商品やサービスの提供、ご案内の送付についてのみ使用し、他の目的には一切使いません。

    行政書士-菅事務所スマホ用トップ画像
    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    関連記事