ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 【建設業】経営事項審査の改正(令和3年4月1日改正)について【条文解説】

【建設業】経営事項審査の改正(令和3年4月1日改正)について【条文解説】

国土交通省より経営事項審査の改正に向けた告示が公布、令和3年4月1日に施行されました。

改正された主な内容は次のとおりです。
①技術職員数(Z1)に係る改正
②労働福祉の状況(W1)に係る改正
③建設業の経理の状況(W5)に係る改正
④知識及び技術又は技能の向上に関する建設工事に従事する者の取組の状況に係る審査項目(W10)の新設

参考画像は、国土交通省「経営事項審査の主な改正事項(令和3年4月1日改正)」より抜粋。

①技術職員数(Z1)に係る改正

改正建設業法において新設された監理技術者補佐は、「監理技術者となる資格を有する者」や「主任技術者となる資格を有し、一級技士補である者」がなることができます。「主任技術者となる資格を有し、一級技士補である者」は、経審上は、主任技術者相当の者より上位であり、監理技術者相当の者より下位であるため、4点として評価されることとなりました。

②労働福祉の状況(W1)に係る改正

「労働福祉の状況(W1)」のうち、法定外労災に関する項目が改正となりました。
補償制度自体は要件を満たしていても、その商品の提供者が保険会社でない場合は、告示に列記されている次の4団体以外は加点されていませんでした。
・全日本火災共済協同組合連合会
・公益財団法人建設業福祉共済団
・一般社団法人全国建設業労災互助会
・一般社団法人全国労働保険事務組合連合会
改正により、中小企業等協同組合法に基づき共済事業を営む者との間の契約についても同様に加点されることとなりました。

建設業の経理の状況(W5)

企業会計基準が頻繁に変化する中で、継続的な研修の受講等によって最新の会計情報等に関する知識を習得することが重要になってきていることを踏まえ、公認会計士等数の算出にあたって算入できる者が、研修や講習を受講した者に限定されることとなりました。

④知識及び技術又は技能の向上に関する建設工事に従事する者の取組の状況に係る審査項目(W10)の新設

改正建設業法において、建設工事に従事する者は、建設工事を適正に実施するために必要な知識及び技術又は技能の向上に努めなければならないこととされているところ、継続的な教育意欲を促進させていく観点から、建設業者による技術者及び技能者の技術又は技能の向上の取組の状況が評価されることになりました。
・技術者に関する評価については、建設業者に所属する技術者が、審査基準日以前1年間に取得したCPD単位の平均値により評価されます。
・技能者に関する評価については、建設業者に所属する技能者のうち、認定能力評価基準により受けた評価が審査基準日以前3年間に1以上向上(レベル1からレベル2等)した者の割合により評価されます。

行政書士菅事務所について

神奈川 県鎌倉市に事務所を構える行政書士菅事務所は、建設 業 許可 手続きだけでなく、会社設立、スポットでの相談対応、建設業 法令研修、建設 業 許可 証 作成、コンプライアンス体制構築コンサルティング、IT導入による業務改善、補助金 申請、事業計画書 作成などの経営コンサルティングまで対応しております。横浜、神奈川 周辺などに限らず、各種のWEB面談で遠方との対応も可能です。お気軽にご相談ください。

行政書士-菅事務所スマホ用トップ画像

    このお問い合わせ​フォームに記載されたお客様の個人情報は、お客様への連絡及び、今後の弊法人が提供する商品やサービスの提供、ご案内の送付についてのみ使用し、他の目的には一切使いません。

    1. この記事へのコメントはありません。

    1. この記事へのトラックバックはありません。

    CAPTCHA


    関連記事