ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 建設業
  4. 【施行】工期等に影響を及ぼす事象に関する情報の提供【10月1日】

【施行】工期等に影響を及ぼす事象に関する情報の提供【10月1日】

第二十条の二 建設工事の注文者は、当該建設工事について、地盤の沈下その他の工期又は請負代金の額に影響を及ぼすものとして国土交通省令で定める事象が発生するおそれがあると認めるときは、請負契約を締結するまでに、建設業者に対して、その旨及び当該事象の状況の把握のため必要な情報を提供しなければならない。

趣旨

この条文は、建設工事の注文者が、当該建設工事について、地盤の沈下その他の工期または請負代金の額の影響を及ぼすものとして国土交通省令で定める事象が発生するおそれがあるときは、請負契約を締結するまでに、建設業者に対して、その旨および当該事象の状況の把握のための必要な情報を提供しなければならないことを規定しています。

注文者にこのような情報提供を義務付けることにより、建設業者が請負代金の額の判断に影響を及ぼす事象の存在を知らずに請負契約を締結し、工事の遂行過程に予期せぬリスクを負担することがないよう配慮する趣旨です。

上記の省令で定める事項としては、地下水位、地下埋没物などの地中の状況に関する事項、近隣対応、騒音振動など周辺環境に関する事項が考えられますが、省令の改正の公布がされていないため、今後、具体的なものが公布される予定です。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事