ブログ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 未分類
  4. 公正証書遺言

公正証書遺言

公正証書遺言の特性

公正証書遺言は、原本が公証役場に保管されるタイプの遺言で、要式も非常に厳格で、偽造・変造、破棄などのおそれがなく、紛失や焼失のおそれもありません。したがって、公正証書遺言は非常に安全な方法となります。

公正証書遺言は、原本が公証役場で原則20年間保管されます。

公正証書遺言の調査

公正証書の正本・謄本は遺言書を作成した被相続人が自ら保管したり、相続や遺贈させたい当事者にゆだねていることが通常ですが、被相続人が誰にも言わずに公正証書遺言を作成している場合がありますので、念のために公証役場に遺言の検索を依頼することが相続が発生した場合には無難です。

日本公証人連合会では、公証人役場で作成された公正証書遺言および秘密証書遺言につき、コンピューターによりその遺言者等を登録しています。

この遺言検索については、遺言者のご存命中は、遺言者本人のみ検索ができます。

遺言者がお亡くなりになった際には、相続人、受遺者は、どの公証人役場でも調査を依頼することが出来ます。

依頼を受けた公証人役場では、日本公証人連合会にその検索を依頼し、検索結果を得て、依頼者に回答されます。したがって、遺言書は、公証人役場で遺言書を作成したことだけを相続人に明らかにしておけば、遺言者がお亡くなりになった場合、相続人らは容易に遺言書を発見することができます。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事